東京透析フロンティア 池袋駅北口クリニック 難病指定医療機関

  • フェイスブック
  • メールフォーム
  • English対応可

東京透析フロンティア

夜間透析の時間
東京透析フロンティア大塚駅前クリニック今夏OPEN

お知らせ

CONCEPTコンセプト

「人々の豊かな人生を紡ぐ」

当院を一言で表現しますと
「真面目」なクリニックです。
スタッフ一同、笑顔と熱意を持って
治療に当たらせていただきます。

  • 最適で最善の専門治療を提供する
    01最善で最適な
    専門治療を提供する
    「透析するまでは腎臓内科の診療を受けていたのに透析導入したら腎臓内科の診療を受けなくてもいいのだろうか?」という声にお応えし、当院では腎臓内科専門医が常勤体制で勤務し、各病院と連携を取りながら継続して専門的な治療を提供して参ります。
  • 最新の治療を提供する
    02最新の治療を提供する
    当院では旧来の透析とは別に在宅透析という分野に力を入れております。働きながら透析をされている方、日中に透析の時間を取る余裕のない方の選択肢として新しい治療を提供して参ります。
    食事制限がほとんど必要ない在宅血液透析にご興味がある方は紹介状不要の面談を随時承っておりますのでお気軽にご連絡下さい。

GREETINGご挨拶

  • 副院長:桃木久美子
    副院長:桃木 久美子

    皆さま1人1人と信頼関係を重視した
    診療に努めて参りたいと考えております。

    当院で副院長を務めさせていただきます桃木久美子です。

    私はこれまで大学病院や地域の透析医療施設での勤務を通して、透析医療に10年以上従事してまいりました。こうした診療経験を通じ一貫して考え学んだことは、透析医療において単に至適透析を追求するといった日々の透析診療のみならず、一人一人の患者さんの社会面や生活面に対する気づきと深い理解が必要であるということです。これからも一日一日研鑽を行いながら、患者さんにとってより身近な存在であり続けられるように努力して参ります。また、学生時代に運動部に所属していた経験も活かして、診療スタッフと共に笑顔を大切にし、透析患者さんの豊かな生活を支えていけるように理想のチーム医療を築いて参ります。
    また、引き続き患者さんの良き相談相手となれるよう、皆さま1人1人と信頼関係を重視した診療に努めて参りたいと考えております。

  • 院長:原 正樹
    院長(共同設立者):原 正樹

    親しみやすく、笑顔で元気に帰れる透析クリニック
    にできるように尽力していきたいと考えております。

    この度、祖父が内科医として診療拠点としていたクリニックで、地域医療に再び貢献したいとの強い思いを抱くに至り、意志を同じくする野老山先生と二人三脚でクリニックの開設に至りました。尊敬する生前の祖父は、患者さんのお話しをよく聞き、熱意をもって医療に取り組む医師だった事をよく覚えています。
    こうした祖父の意思や理念を継ぐように、医師となり腎臓内科医になった今、より患者さんに近い存在としての医療人たるべく、地域医療に貢献し、専門を生かした良質な透析診療を行っていきたいと考えております。

    透析患者さんに医療を通じた安心を感じてもらい、患者さんの生活を支える透析クリニックとして、“親しみやすく、笑顔で元気に帰れる透析クリニック”にできるように尽力していきたいと考えております。

     
  • 名誉院長(共同代表):野老山 武士
    名誉院長(共同設立者):野老山 武士

    透析だけではなく体の痛みや悩みの良き相談相手に
    なり、ともに健やかで、楽しい生活を送れるように
    サポートしていきたいと考えております。

    当院で名誉院長(共同設立者)を務めさせていただく野老山(ところやま)武士です。

    私には終末期を迎えた透析患者であっても自宅で過ごせるような温かい施設をつくりたいという思いがあり、共に研鑽を積んだ原先生と手を携えて当院の開設に至りました。
    これまで病院勤務を通して多くの患者さんに透析を導入し、また看取る事もありました。終末期では多くの方が家で最期を迎える事を希望されますが、透析をしている場合にはクリニック側の受け入れの問題もあり難しいのが現状です。

    私の祖母は晩年に難病を患い末期腎不全でありながら自宅療養を強く希望しましたが、ADLが低かったために通院を受け入れてくれる施設が見つかりませんでした。祖母は余生を入院で過ごすならば透析を行わないという選択をして人生を全うしました。当クリニックでは透析をしていたとしても、少しでも長く自宅で落ち着いた時間を過ごせるように笑顔で迎え入れてあげたいと思っています。

    クリニックとは患者さんと最も長い関係を持ち、最も病状を把握し、最も親身になれる存在です。透析だけではなく体の痛みや悩みの良き相談相手になり、ともに健やかで、楽しい生活を送れるようにサポートしていきたいと考えております。

  • 透析室長(看護師):川畑 勝
    透析室長(看護師):川畑 勝

    患者さん、ご家族の笑顔を増やせるように、
    患者さん、ご家族に寄り添い、医師と共に治療の
    選択のサポートをさせていただきます。 

    当院で透析室長を務めさせていただく川畑勝です。私は一般的な透析療法のみならず、今まで主に在宅血液透析を担当し、100名以上の患者さんの導入、維持管理に携わって参りました。在宅血液透析の素晴らしさは、導入する事で時間の融通が得られる事による患者さんの生活の質(QOL)の上昇や、透析時間や回数を増やす事で透析効率の上昇につながり、結果として患者さんに活力と笑顔が戻る事が多いという事です。

    当院では、透析療法の選択肢の一つとして在宅血液透析に力をいれて参ります。今までの経験を元に、1人でも多くの患者さん、ご家族の笑顔を増やせるように、患者さん、ご家族に寄り添い、医師と共に治療の選択のサポートをさせていただきます。