東京透析フロンティア 池袋駅北口クリニック 難病指定医療機関

  • フェイスブック
  • メールフォーム
  • English対応可

東京透析フロンティア

スタッフ紹介

東京透析フロンティア 院内
東京透析フロンティア 院内

GREETINGご挨拶

  • 皆さま1人1人と信頼関係を重視した
    診療に努めて参りたいと考えております。

    当院で副院長を務めさせていただきます桃木久美子です。

    私はこれまで大学病院や地域の透析医療施設での勤務を通して、透析医療に10年以上従事してまいりました。こうした診療経験を通じ一貫して考え学んだことは、透析医療において単に至適透析を追求するといった日々の透析診療のみならず、一人一人の患者さんの社会面や生活面に対する気づきと深い理解が必要であるということです。これからも一日一日研鑽を行いながら、患者さんにとってより身近な存在であり続けられるように努力して参ります。また、学生時代に運動部に所属していた経験も活かして、診療スタッフと共に笑顔を大切にし、透析患者さんの豊かな生活を支えていけるように理想のチーム医療を築いて参ります。
    また、引き続き患者さんの良き相談相手となれるよう、皆さま1人1人と信頼関係を重視した診療に努めて参りたいと考えております。

    副院長:桃木久美子
    副院長:桃木 久美子
    趣味
    映画鑑賞、トレーニング

略歴

  • 医学博士(東京女子医科大学)
  • 東京女子医科大学医学部 卒業
  • 東京女子医科大学病院
  • 埼玉県済生会川口病院
  • 東京都立駒込病院

資格・所属学会・主論文

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本透析医学会透析専門医
  • 日本透析医学会指導医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医
  • 日本腎臓学会腎臓指導医
  • 身体障害者福祉法15条「じん臓機能障害」指定医
  • 難病指定医
  • 親しみやすく、笑顔で元気に帰れる透析クリニック
    にできるように尽力していきたいと考えております。

    この度、祖父が内科医として診療拠点としていたクリニックで、地域医療に再び貢献したいとの強い思いを抱くに至り、意志を同じくする野老山先生と二人三脚でクリニックの開設に至りました。尊敬する生前の祖父は、患者さんのお話しをよく聞き、熱意をもって医療に取り組む医師だった事をよく覚えています。
    こうした祖父の意思や理念を継ぐように、医師となり腎臓内科医になった今、より患者さんに近い存在としての医療人たるべく、地域医療に貢献し、専門を生かした良質な透析診療を行っていきたいと考えております。

    透析患者さんに医療を通じた安心を感じてもらい、患者さんの生活を支える透析クリニックとして、“親しみやすく、笑顔で元気に帰れる透析クリニック”にできるように尽力していきたいと考えております。

    院長:原 正樹
    院長(共同設立者):原 正樹
    趣味
    音楽鑑賞、サイクリング

略歴

  • 医学博士(東京女子医科大学)
  • 獨協医科大学 卒業
  • 獨協医科大学埼玉医療センター
  • 東京都立駒込病院
  • 埼友草加病院

資格・所属学会・主論文

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本透析医学会透析専門医
  • 日本透析医学会指導医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医
  • 日本腎臓学会腎臓指導医
  • 日本腎臓学会学術評議員
  • 身体障害者福祉法15条「じん臓機能障害」指定医
  • 難病指定医
  • 日本在宅血液透析学会員
  • 日本在宅血液透析学会評議員
  • Journal of Nephrology and Hypertension editor
  • Medicine (LWW) Academic Editor
  • 透析だけではなく体の痛みや悩みの良き相談相手に
    なり、ともに健やかで、楽しい生活を送れるように
    サポートしていきたいと考えております。

    当院で名誉院長(共同設立者)を務めさせていただく野老山(ところやま)武士です。

    私には終末期を迎えた透析患者であっても自宅で過ごせるような温かい施設をつくりたいという思いがあり、共に研鑽を積んだ原先生と手を携えて当院の開設に至りました。
    これまで病院勤務を通して多くの患者さんに透析を導入し、また看取る事もありました。終末期では多くの方が家で最期を迎える事を希望されますが、透析をしている場合にはクリニック側の受け入れの問題もあり難しいのが現状です。

    私の祖母は晩年に難病を患い末期腎不全でありながら自宅療養を強く希望しましたが、ADLが低かったために通院を受け入れてくれる施設が見つかりませんでした。祖母は余生を入院で過ごすならば透析を行わないという選択をして人生を全うしました。当クリニックでは透析をしていたとしても、少しでも長く自宅で落ち着いた時間を過ごせるように笑顔で迎え入れてあげたいと思っています。

    クリニックとは患者さんと最も長い関係を持ち、最も病状を把握し、最も親身になれる存在です。透析だけではなく体の痛みや悩みの良き相談相手になり、ともに健やかで、楽しい生活を送れるようにサポートしていきたいと考えております。

    名誉院長(共同設立者):野老山 武士
    名誉院長(共同設立者):野老山 武士
    趣味
    城郭巡り、読書(歴史もの)

略歴

  • 医学博士(東京女子医科大学)
  • 群馬大学医学部 卒業
  • 神奈川県厚木市立病院
  • 東京女子医科大学病院
  • 埼玉県済生会栗橋病院
  • 東京都立駒込病院
  • 東京女子医科大学東医療センター
  • MGH; Massachusetts General Hospital (Clinical Research Trainee)

資格・所属学会・主論文

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本透析医学会透析専門医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医
  • 日本在宅血液透析学会員
  • 身体障害者福祉法15条「じん臓機能障害」指定医
  • 難病指定医
  • European League against Rheumatic Diseases member
  • Nephrol Dial Transplant.2017 Dec 1;32(12):2035-2042.
  • 患者さん、ご家族の笑顔を増やせるように、
    患者さん、ご家族に寄り添い、医師と共に治療の
    選択のサポートをさせていただきます。 

    当院で透析室長を務めさせていただく川畑勝です。私は一般的な透析療法のみならず、今まで主に在宅血液透析を担当し、100名以上の患者さんの導入、維持管理に携わって参りました。在宅血液透析の素晴らしさは、導入する事で時間の融通が得られる事による患者さんの生活の質(QOL)の上昇や、透析時間や回数を増やす事で透析効率の上昇につながり、結果として患者さんに活力と笑顔が戻る事が多いという事です。

    当院では、透析療法の選択肢の一つとして在宅血液透析に力をいれて参ります。今までの経験を元に、1人でも多くの患者さん、ご家族の笑顔を増やせるように、患者さん、ご家族に寄り添い、医師と共に治療の選択のサポートをさせていただきます。

    透析室長(看護師):川畑 勝
    透析室長(看護師):川畑 勝
    趣味
    日曜大工、スノーボード

略歴

  • 埼玉医科大学腎臓病センター透析室

資格

  • 透析技術認定士
  • 日本在宅血液透析学会評議員
  • 臨床工学技士、臨床検査技師:佐藤大樹
    臨床工学技士
    臨床検査技師:佐藤大樹
    趣味
    音楽演奏(ベース)
  • 看護師:矢部竜也
    看護師:矢部竜也
    趣味
    ドライブ
  • 管理栄養士:
    柳沢